TrueView

動画が視聴された場合にのみ料金が発生するので、広告予算を常に有効に使用できます。

ユーザーが視聴するかどうかを選択

料金はユーザーが動画を視聴するよう選択した場合にのみ発生します。そのため、予算を増額すればするほど、効率的に使用できることになります。

料金はユーザーが視聴を選択した場合にのみ発生

TrueView 広告の場合、無作為な表示や、視聴の有無がはっきりしない再生に対して広告料を支払うことはありません。料金はユーザーがお客様の動画の視聴を選択した場合にのみ発生し、それ以外の場合は課金対象になりません。

ユーザーは興味のある動画広告を選んで視聴でき、お客様は、興味を寄せているユーザーに動画広告を見てもらうことができるので、Win-Win の関係が成り立ちます。1 回の視聴に対して支払う料金はお客様が自由に設定できるため、適切な料金で適切なユーザーにアプローチすることが可能です。

30 秒を超える動画を掲載することも可能なため、さまざまな広告フォーマットを自由にテストできます。商品やサービスの長めの紹介デモやお客様の声、活用例を説明したハウツー動画もご覧いただけます。

現在は、次の 4 種類の TrueView 動画広告があります。 TrueView インストリーム

インストリーム広告では、YouTube パートナーの動画の前または途中にテレビ CM 風の広告を配信します。広告が 5 秒間流れた後、ユーザーは動画コンテンツに進むか広告の続きを見るかを選択できます。

料金は、広告が 30 秒以上再生されるか、30 秒未満の広告の場合は最後まで再生された場合に発生します。

TrueView インサーチ

インサーチ広告は、検索結果ページの通常の検索結果の上または右に表示されます。

料金が発生するのは、視聴者が動画広告の視聴を選択した場合のみです。

TrueView インディスプレイ

インディスプレイ広告は、YouTube 動画の横と、Google ディスプレイ ネットワーク上の関連するウェブサイトに表示されます。

料金が発生するのは、視聴者が動画広告の視聴を選択した場合のみです。


TrueView の関連情報

TrueView インストリーム広告の仕様

TrueView フォーマットの紹介動画を見る

TrueView のパンフレット

広告のポリシー

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト