YouTube アナリティクス

視聴者がどの程度、動画に好感を持っているのか測定し、成果の改善につなげることができます。

何が効果的かを把握して改善につなげる

YouTube アナリティクスでは、ユーザーが好きな動画とそうでない動画のデータを見ることができます。分析データを基に動画に手を加え、ターゲットにしたいユーザーから大きな反響が得られるよう工夫しましょう。

ユーザーに合ったテーマを見つける

YouTube アナリティクスは動画と視聴者に関する詳細データがわかるツールで、設定は自分でできます。視聴者がどんな動画やテーマに関心を示しているかが手に取るようにわかります。それがわかったうえで動画に手を加えると、もっと多くの視聴者に動画を見てもらい、視聴者の関心をさらに引き付け、商品の販売増加につなげることができます。

明確な数字を把握する

視聴者が動画を見たきっかけ、動画の視聴時間、視聴をやめた時点など、YouTube アナリティクスでは動画 1 本単位からアップロードした動画全部まとめて、あらゆる詳細がデータとして表れるので、ユーザーの理解を深めるのに役立ちます。

視聴者

視聴回数、アクセスしてきた地域、視聴者の年齢層がわかります。

エンゲージメント

視聴者が離脱した時点、視聴時間が長い動画の特長、人気の高い動画がわかります。

モバイル

スマートフォンやタブレットから YouTube にアクセスしている視聴者の数、スマートフォンとタブレットで視聴や共有スタイルに違いがあるかどうかがわかります。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト