広告フォーマットと広告表示オプション

Google の広告フォーマットと広告表示オプションを使用すると、最適な方法でユーザーとつながりやすくなります。情報量が豊富で魅力的な広告コンテンツを作成し、新しいフォーマットや広告表示オプションも活用すれば、Google で情報を検索するユーザーに有益で関連性の高い広告を表示できます。

広告表示オプションを使用すると、Google で情報を検索するユーザーに対し、有益で関連性の高い広告を表示することができます。標準のテキスト広告フォーマットでも十分効果的ですが、情報を追加することで、ユーザーが探している情報を見つけやすくなります。

たとえば、商品について説明する場合、画像を表示すればメッセージの関連性や効果が高まります。また、場所について説明する場合、テキストのみの広告ではわかりにくいこともありますが、地図を表示すれば簡単に見つけることができます。

広告表示オプションは既存のテキスト広告でそのまま使用できるため、キーワードや入札単価、広告文を変更する必要はありません。エンハンスト キャンペーンでは、ユーザーのデバイスや所在地、時間帯などに応じて、最適な広告表示オプションを表示することができます。

  • 動的検索広告

    動的検索広告

    動的検索広告はウェブサイトのページから動的に作成し、キーワードを使わずに掲載できます。この広告は既存のキーワード キャンペーンでカバーしきれない部分を補ってくれるので、手間をかけずにより多くのクリックやコンバージョンを獲得できます。テスト段階では、ほとんどの場合でクリック数やコンバージョン数が 5~10% 増加しました。

  • 商品リスト広告

    商品リスト広告

    Google ショッピングを利用すると、広告主様とユーザーの双方にとって広告の魅力が高まります。商品をより効果的に宣伝して、より多くのユーザーにアプローチする方法を確認しましょう。

  • 住所表示オプション

    住所表示オプション

    住所表示オプションを使用すると、店舗の住所表示を広告に動的に追加して、AdWords キャンペーンの効果を高めることができます。広告には広告文や URL のほか、店舗の名前、住所、電話番号も表示できます。各地の複数の店舗を宣伝する場合でも、1 つの店舗のみ宣伝する場合でも、住所表示オプションを使用すれば、地元のユーザーや近々その地域を訪問予定のユーザーに商品やサービスをアピールできます。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト