住所表示オプション

住所表示オプションを使用すると、店舗の住所表示を広告に動的に追加して、AdWords キャンペーンの効果を高めることができます。広告には広告文や URL のほか、店舗の名前、住所、電話番号も表示できます。各地の複数の店舗を宣伝する場合でも、1 つの店舗のみ宣伝する場合でも、住所表示オプションを使用すれば、地元のユーザーや近々その地域を訪問予定のユーザーに商品やサービスをアピールできます。

機能

住所表示オプションでは、店舗の住所や電話番号を広告に動的に表示して、AdWords キャンペーンの効果を高めることができます。広告には広告文や URL のほか、店舗の名前、住所、電話番号、ルート検索へのリンクも表示できます。住所表示オプションの設定方法については、ヘルプセンターをご覧ください。

サイトリンクとの併用

住所表示オプションは 1 行、2 行、3 行表示のサイトリンクと同時に使用できます。

住所表示オプションのレポート

住所表示オプションの掲載結果はレポートで確認できます。オンライン コンバージョンの促進効果を評価し、店舗別のオンライン コンバージョン数も測定できます。

複数の店舗

ユーザーの検索内容と所在地によっては、複数の最寄り店舗を表示するリンクが自動的に表示されます。ユーザーが住所のリンクをクリックすると、検索結果上部の右側に新しい地図パネルが表示され、複数の最寄り店舗が表示されます。これでユーザーは自分の検索意図に合った最適な店舗を見つけることができます。

メリット

Google で行われる検索の 20% 以上は、ユーザーの地元の商品、サービス、場所に関するものです。このため、実店舗型のビジネスでもマルチチャネル型のビジネスであっても、住所表示オプションを使用すれば店舗を訪れるユーザー数を増やすことができます。また、キャンペーンでこの機能を設定すれば、クリック率が 10% 向上することも確認されています。住所表示オプションを有効にすると、住所情報の挿入機能を使用して、店舗の都市名、電話番号、郵便番号を広告見出し、広告文、表示 URL に自動的に挿入することもできます。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト