キーワードによるコンテンツ ターゲット

Google ディスプレイ ネットワークでキーワードによるコンテンツ ターゲットを使用すると、ユーザーが商品やサービスに関する情報を閲覧、検討しているタイミングを捉えてアプローチできます。検索広告と同様に、キーワード単位でターゲット設定、入札単価設定、レポート作成、最適化を行い、極めて関連性の高いメッセージで新規顧客にアピールすることが可能です。

概要

キーワードによるコンテンツ ターゲットを使用すると、200 万件以上のウェブサイトにわたって検索キャンペーンのリーチを簡単かつ効率的に拡大できます。Google の高度なコンテンツ ターゲット技術により、キーワードと一致するサイトのコンテンツがパソコン、スマートフォン、タブレットを含むあらゆるデバイスで特定されるため、インターネット ユーザーの 93% 以上(comscore 調べ)にリーチできます。

メリット

Google のコンテンツ ターゲット技術により、検索広告と同様にキーワード単位でのターゲット設定が可能なため、既存の検索キャンペーンを簡単にディスプレイ キャンペーンにコピーできます。また、ユーザー層データとの連携により、高い成果が見込まれるページで入札単価を引き上げるなどの細かい調整も可能です。各キーワードの成果を詳細に把握できるため、アカウントを容易に最適化し、成果を上げているキーワードに対してのみお支払いいただけます。

詳細

詳細については、こちらの資料(PDF)をダウンロードしてください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト