エンゲージメント広告

エンゲージメント広告は印象的なメッセージでユーザーの注目を集めます。クリックやコンバージョンではなく、エンゲージメントの促進を目的とした広告です。ブランドのメッセージに関心のある新規ユーザーを見つけることが可能で、ユーザーのエンゲージメントが発生したときだけ料金が発生します。

概要

エンゲージメント広告は、適切なタイミングでユーザーにアプローチできるクリエイティブな広告フォーマットです。標準的なディスプレイ広告ユニットに対応しているので、ウェブ全体に掲載可能であり、ユーザーが 2 秒間カーソルを合わせたときだけ広告が大きく展開されます。この 2 秒間の猶予により広告の偶発的な展開が極めて少なくなるため、ユーザーの利便性が高まり、掲載結果レポートの精度向上も見込めます。クリックではなくユーザー エンゲージメントの促進を目的とするエンゲージメント広告はエンゲージメント単価制(CPE)を採用しており、ユーザー エンゲージメントが発生したときだけ料金が発生します。この広告を使用すれば、拡張性の高いディスプレイ キャンペーンに透明性と効率という新たな特長が加わります。

メリット

エンゲージメント広告は、ブランド構築の技術と成果を追求するディスプレイ広告の科学を融合した広告です。YouTube や Google ディスプレイ ネットワークで従来の広告を掲載する場合と同じ柔軟なターゲティングが可能なので、キャンペーンに手軽に追加できます。また、エンゲージメント単価制や入札単価の改善機能を導入しており、質の高いユーザー エンゲージメントも促進できるので、成果の向上も見込めます。エンゲージメント広告では、複数のクリエイティブ フォーマットを使用してユーザーにアプローチできます。たとえばライトボックス広告では、見栄えの良いクリエイティブ、動画、YouTube マストヘッド、Google カタログを関連性の高いユーザーに表示できます。標準のエクスパンド広告も機能的にはほぼ同じですが、ウェブで最も普及している IAB 規格の広告サイズに対応しており、さらに多くのユーザーにアプローチできます。エンゲージメント広告では AdWords や DoubleClick Rich Media のレポート機能をフルに活用して、ブランドにとって重要な指標を正確に把握することも可能です。

ライトボックス広告は、ブランドを適切にアピールし、ユーザーの関心を最大限に集めることができるタイプを選んでご利用ください。

エンゲージメント広告は、宣伝する内容に合わせて適切なタイプを選んでください。


詳細を確認するには、こちらの PDF をダウンロードしてください。

広告のサンプルについては、Rich Media Gallery をご覧ください。

エンゲージメント広告の掲載方法については、ヘルプセンターをご覧ください。

  • ライトボックス広告

    ライトボックス広告

    ライトボックス広告でクリエイティブをフルスクリーンに展開すると、ブランド情報でユーザーの関心を引き付けることができます。まず展開可能な標準広告ユニットとして表示され、リッチメディア機能をフル活用できる、フルスクリーンに近い大きさのキャンバスへとシームレスに展開します。YouTube 動画やゲーム、ショッピング エクスペリエンスをライトボックス広告に埋め込むと、ユーザーの関心を捉えられます。ユーザーが広告ユニットにカーソルを 2 秒間以上合わせて展開すると、ユーザー エンゲージメントとして認識されます。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト