カスタム アフィニティ カテゴリ

カスタム アフィニティ カテゴリでは、パラメータを指定して独自のアフィニティ カテゴリを作成できるため、目的にぴったり合致するユーザーにアプローチすることができます。

概要

カスタム アフィニティ カテゴリでは、ウェブ全体であらゆるデバイスを対象に、アプローチしたいユーザー層を正確に定義することができ、しかも情報はリアルタイムで更新されます。アフィニティ カテゴリと同様の技術をベースに、あらゆるトピックについて、関心を示したユーザーを見つけることができます。カスタム アフィニティ カテゴリは Google ディスプレイ ネットワーク全体で使用できます。Google の他のオーディエンス技術と同様、カスタム アフィニティ カテゴリはエンゲージメント広告視認可能インプレッションブランド認知といった既存の機能やフォーマットとの組み合わせが可能です。

Electronic Arts(EA)では、カスタム アフィニティ カテゴリを利用した Madden GIFERATOR キャンペーンで、NFL の各チームのファンの注目を捉えました。Google のアフィニティ カテゴリ ソリューションにはアメリカン フットボール ファンのセグメントも用意されていますが、EA 社はカスタム アフィニティ ソリューションによってさらに精密な広告掲載を行いました。32 種類、つまり NFL の各チームに対応する数のカスタム アフィニティ カテゴリを作成し、実際の試合に合わせてリアルタイムにディスプレイ広告を表示したのです。

EA 社でシニア プロダクト マネージャーを務める Alexis Cox 氏は、Google とのコラボレーションによってこの革新的なキャンペーンを実現しました。「GIFERATOR キャンペーンの目標のひとつは、実際の NFL についての会話に、ゲーム『Madden』を登場させることでした。カスタム アフィニティ カテゴリのおかげで、強いエンゲージメントを保ちつつ、カスタマイズされたリアルタイムのコンテンツで Madden のリーチを広げることができました」と Cox 氏は話します。

メリット

カスタム アフィニティ カテゴリでは、特定の商品やニッチな分野に関心を持っている可能性の高いユーザーを、きわめて正確にターゲティングすることができます。また、新しいオーディエンス プロファイリング機能を使って、AdWords で作成中のユーザーリストのユーザー属性の内訳をリアルタイムに見積もることが可能です。

詳細

カスタム アフィリティ カテゴリでは、あらゆる種類の関心分野に注目するユーザー セグメントを作成できます。ユーザーの好みや要望、ニーズを反映する独自のセグメントで、精密なターゲティングを行いましょう。

キャンペーンにカスタム アフィニティ カテゴリを組み込む方法について詳しくは、AdWords ヘルプセンターをご覧ください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト