Google ディスプレイ ネットワーク用のコンバージョン オプティマイザー

コンバージョン オプティマイザーは、過去のデータを含むさまざまな要素を分析し、広告がコンバージョンにつながる可能性を見極めます。また、オークションのたびに、広告に最適なクリック単価を自動的に割り出します。このため、クリック単価での広告掲載を続けながら、入札単価を手動で調整することなく、コンバージョン単価の目標を達成できます。

概要

コンバージョン オプティマイザーでは、上限コンバージョン単価(1 回のコンバージョンに対してお支払い可能な上限額)または目標コンバージョン単価(1 回のコンバージョンに対してお支払い可能な金額の平均)を使用して入札します。コンバージョン オプティマイザーは、広告がオークションにかけられるたびに、過去のコンバージョン データなどのさまざまな要因を分析して、広告がコンバージョンにつながる可能性を推定します。この分析結果に基づいて、広告に最適なクリック単価をオークションごとに自動的に割り出します。したがって、お支払いは引き続きクリック単位で行われますが、コンバージョン単価の目標達成のために入札単価を手動で調整する必要はなくなります。

メリット

Google ディスプレイ ネットワークでコンバージョン オプティマイザーを使用すると、目標コンバージョン単価の範囲内でコンバージョン数を効率的に最大化できます。

詳細

コンバージョン オプティマイザーを有効にするには、キャンペーンの 1 か月あたりのコンバージョン数が 15 件以上で、コンバージョン トラッキングが有効になっている必要があります。AdWords アカウントでコンバージョン オプティマイザーを有効にすると、次のような作業を行えます。

  1. コンバージョンが発生しているオークションを分析する
  2. コンバージョンが発生する可能性の高いオークションを判断するための予測モデルを構築し、目標コンバージョン単価を達成する
  3. 継続的に入札単価を最適化し、コンバージョンが発生する可能性が高いオークションに広告費用を重点的に配分する

*この Google 内部データは、コンバージョン オプティマイザーを使用したキャンペーンと使用していないコントロール群のキャンペーンの掲載結果を比較して、コンバージョン オプティマイザーの平均的な効果を分析した結果です。実際の成果はキャンペーンにより異なります。

 

コンバージョン オプティマイザーの詳細については、AdWords ヘルプセンターをご覧ください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト