ブランド効果測定

Google のブランド効果測定では、重要な指標を測定してデジタル ブランド キャンペーンを改善できます。広告の表示回数やクリック数ではなく、ブランド認知度や広告想起率、ブランドへの関心度を高めるキャンペーンの効果を測定します。

概要

ブランド効果測定では、アンケート調査とターゲット ユーザーから集めた検索データを使用して、ディスプレイ キャンペーンと動画キャンペーンの効果を測定します。調査開始から数日後には結果を入手し、ブランド認知度を高める広告の効果や広告が想起されている度合いを把握することが可能です。また、収集した検索データから、ブランドへの関心が高まっているかどうかも確認できます。調査結果をユーザー属性や表示頻度で分割すれば、運用中のキャンペーンを改善して成果を高めることができます。

仕組み

ブランド効果測定ではさまざまな測定ツールを使用して、ブランド認知度や広告想起率、ブランドへの関心度を高めるキャンペーンの効果を確認できます。

ブランド認知度と広告想起率を測定する場合は、適切なアンケート手法を用いて数千単位の実際のユーザーからフィードバックを集めます。ユーザーは、広告を見ていないグループと広告を見たグループに自動的に分類されます。2 つのグループに同じ質問をすることで、キャンペーンの貢献度を正確に測定することができます。

Google のブランド効果測定では、自社ブランドに関連するオーガニック検索の増加量を測定することで、ブランドへの関心度を高めるキャンペーンの効果も確認できます。具体的には、広告を見たユーザーと広告を見ていないユーザー別に、ブランド関連キーワードを使った検索の増加量を測定します。2 週間あれば 2 つのグループの検索行動の差を確認することが可能で、ディスプレイ キャンペーンや動画キャンペーンの直接的な貢献度を把握できます。

メリット

  • 重要な指標を測定: 広告の表示回数やクリック数ではなく、ブランド認知度や広告想起率、ブランドへの関心度を高める動画キャンペーンの効果を測定できます。
  • 信頼できる結果: Google のブランド効果測定では、適切な手法を用いて実際のユーザー数千人からフィードバックを集めます。
  • 運用中のキャンペーンを改善: ユーザー属性や表示頻度で分割した実用的なデータを迅速に入手できます。

ブランド効果測定では、広告活動やその成果に関する価値ある情報を入手できます。適切な手法を用いることで、ブランド認知度や広告想起率、ブランドへの関心度が向上しているかどうかだけでなく、次のような情報も確認できます。

  • ブランド認知度の伸びが最も大きかったユーザー層
  • ブランドへの関心を最大限に高めることができる、ユーザーあたりの理想的な広告表示頻度
  • ブランド認知度や広告想起率が高まる最も効果的なクリエイティブ
  • キャンペーンの運用が自社ブランドや商品の検索につながっているか

詳細については、ブランド効果測定の概要資料をご覧ください。

  • ブランド認知度と広告想起率

    ブランド認知度と広告想起率

    ターゲット ユーザーにアプローチしたからといって、自社ブランドを確実に覚えてもらえるとは限りません。Google のブランド効果測定ソリューションを利用すると、ブランド認知度と広告想起率を測定して広告掲載による効果を把握できます。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト