ブランド認知度と広告想起率

ターゲット ユーザーにアプローチしたからといって、自社ブランドを確実に覚えてもらえるとは限りません。Google のブランド効果測定ソリューションを利用すると、ブランド認知度と広告想起率を測定して広告掲載による効果を把握できます。

概要

ブランド効果測定では、ブランド認知度と広告想起率に関するレポートを利用できます。これらのレポートを見れば、広告によってどの程度ブランドの認知度が高まったか、どのくらいのユーザーが広告を覚えていたかを把握することができます。ターゲット ユーザーから迅速に収集される正確なアンケート データを基に、数日のうちに広告掲載による効果を確認できます。

仕組み

ブランド効果測定では、業界トップの手法を駆使して、膨大な数のユーザーを対象にブランド認知と広告想起に関するアンケートを実施します。具体的には、ユーザーを 2 つのグループに自動的に分類します。1 つは広告を表示しないコントロール グループ、もう 1 つは広告を表示するグループで、割り振りは無作為に行います。両方のグループに同じ質問を提示することで、キャンペーンによる効果を正確に測定できます。さらに詳しく分析する場合は、ユーザー属性や表示頻度などの項目でデータを分割します。

メリット

ブランド認知度や広告想起率を測定することで、ブランド認知度に対する広告の効果を把握できます。広告主様が手動でタグを設定する必要はなく、調査は簡単に開始できます。詳しい調査結果をすばやく取得できるため、キャンペーンの実施中に改善することも可能です。ブランド認知度と広告想起率に関する正確で実用的なデータを提供する Google のブランド効果測定ソリューションは、キャンペーンの真の効果の把握に役立ちます。

  • 鍵となるデータを測定: 従来の「みなし」指標(クリック数や表示回数)から、ユーザーが関心を持っているかどうかを示す指標に移行しています。
  • 正確な調査結果を迅速に提供: 業界トップの手法を駆使して、信頼性と実用性に優れた調査結果を 1 週間ほどで提供します。
  • キャンペーンの実施期間中に最適化が可能: リアルタイムに近い速さで、改善が必要な箇所を特定できます。
  • 詳細については、ブランド効果測定に関するファクトシートをダウンロードしてください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト