AdWords の地域ターゲティング

AdWords の地域ターゲティングでは、国、地域、大都市圏、都市いった地理的なエリアや、特定の地点から半径を指定してターゲットに設定することができます。高度な設定としては、ユーザーが関心を示した地域をターゲットに含めるか、実際の居場所だけをターゲットにするか指定することも可能です。また、掲載結果に基づいて特定の地域に広告を集中させたり、宣伝したい地域に絞って広告を表示したりできます。適切なユーザーを効率的にターゲットに設定できるようになると、投資収益率の向上が見込めます。

概要

AdWords の地域ターゲティングでは、国、地域、大都市圏、都市といった地理的なエリアや、特定の地点から半径を指定して、ターゲットに追加したり除外したりできます。設定する際には、ターゲットの候補となる地域と、選択したターゲット地域のユーザー数の目安となるデータも表示されます。世界各国の地域ターゲティングの一覧は、AdWords API サイトでご確認いただけます。

地域に基づく最適化

AdWords の地域別レポートを利用して、キャンペーンの掲載結果を地域ごとに確認することができます。たとえば大阪や神戸といった大きな都市で、コンバージョン率や注文額が高いことがわかった場合、それらの地域での掲載結果が高まるよう、キャンペーン、入札単価、予算などを最適化するといいでしょう。

地域の一括指定

同じ国の中の地域であれば、最大 1,000 か所をまとめて設定できるため、キャンペーンの大規模展開の際にも便利です。また、AdWords Editor バージョン 9.8.1 では [地域] タブが追加され、ターゲット地域の追加、更新、コピーが簡単になっています。

ターゲット地域の詳細設定

高度な設定としては、ユーザーが関心を示した地域をターゲットに含めるか、実際の居場所だけをターゲットにするか指定することも可能です。これは、旅行業界の広告主様には特に便利な機能です。詳しくはヘルプセンターをご覧ください。

メリット

掲載結果に基づいて特定の地域に広告を集中させたり、宣伝したい地域に絞って広告を表示したりできます。適切なユーザーを効率的にターゲットに設定できるようになると、投資収益率の向上が見込めます。AdWords の地域ターゲティングを活用した California ClosetsUncle Bob's Self Storage の事例をご覧ください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト