コンシューマー バロメーター

ユーザーが商品の検討から実際の購入に至るまでの間、オンラインのさまざまな情報源はどういった役割を果たしているでしょうか。ユーザーは日常生活でどういったデバイスをどのように使用しており、なぜ、どこで、どのようなタイミングでオンライン動画を視聴しているでしょうか?2014 年のデータが追加された Google のインタラクティブ ツール「コンシューマー バロメーター」で消費者の傾向をつかみましょう。対象範囲も 45 か国以上、商品カテゴリ 10 種類へと拡充されています。特に興味深い調査結果をまとめた分析情報ページのほか、独自のグラフを作成して手軽にエクスポートできるグラフ作成ツールをご利用いただけます。

2014 年版のコンシューマー バロメーターを使用するには、下の画像をクリックしてください。

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト