日本に関するインサイト

 
​2016年 11 月のスタート以来、Think with Google 日本版は現在までに合計 121 本の記事を公開してきました。その中から、2017 年 7 月 1 日から2017 年 12 月 31 日までの期間で、最もページ別訪問数の多かった 10 記事を概要とともにご紹介します。
 
近年、革新的なマーケティングを次々と展開し、業績を伸ばしている日本マクドナルド。マーケティング本部 デジタルエンゲージメント部 上席部長 渡邉 英右 氏から、同社のデジタル戦略について聞きました。
 
ブランドが認知され、商品購入時に検討されるだけではなく、実際に購買意向を高めるためには、どのようなメッセージが効果的なのでしょうか。ブランド効果測定で購入意向が有意に上昇したバンパー広告 5 例をご紹介します。
 
生活者は、必ずしも「好き」という理由だけで商品を購入するわけではありませんが、長期的なブランディングという観点では、好意度を高めることは重要です。連載の第 5 回目は、ブランド効果測定でブランド好意度が有意に上昇したバンパー広告 5 例をご紹介します。
 
昨今ではこれまでクリックの獲得を目的として活用されていたディスプレイ広告をブランディング目的で運用することが浸透してきました。

日本についてもっと見る

Japan YouTube Ads Leaderboard: 2017 年 下半期

日本で注目されている広告クリエイティブをご覧ください

#1 ONE OK ROCK×庵野秀明 「Go, Vantage Point.」 60秒 Honda CM 5,867,425 views
#2 アンダーアーマー「I WILL. MASAMI NAGASAWA」 3,553,801 views
#3 【公式】 もはやここはキミの知っているアローラではない。『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』PV 3,539,271 views

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト