インサイト

Google だからこそ提供できるマーケティングインサイトを共有します

​2016年 11 月のスタート以来、Think with Google 日本版は現在までに合計 121 本の記事を公開してきました。その中から、2017 年 7 月 1 日から2017 年 12 月 31 日までの期間で、最もページ別訪問数の多かった 10 記事を概要とともにご紹介します。
ブランドが認知され、商品購入時に検討されるだけではなく、実際に購買意向を高めるためには、どのようなメッセージが効果的なのでしょうか。ブランド効果測定で購入意向が有意に上昇したバンパー広告 5 例をご紹介します。
2017 年のクリスマスは、どんなトレンドが流行るのでしょうか。 本記事では、クリスマス関連の検索キーワードから、日本とアメリカのクリスマスの違い、最近のトレンドを分析します。
ブランドの認知にとどまらず、実際に行動に踏み出してもらうためには、どのような要素が求められるのでしょう。連載の第 3 回目は、ブランド効果測定で検索上昇率が有意に上昇したバンパー広告 4 例を紹介します。
あるカテゴリーに複数の競合商品が存在する場合、生活者に選ばれるためには、どのようなメッセージが必要なのでしょうか。連載の第 4 回目は、ブランド効果測定で比較検討が有意に上昇したバンパー広告 4 例をご紹介します。

More 記事

最高マーケティング責任者, Google Asia Pacific

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト