「購入の大半は実店舗でおきる」一方で、「情報探索はデジタル」という事実。この現実を見据えた時、デジタル広告の来店寄与を見極めることは、購入の現場となる小売業界にも、そこに商材を提供するメーカー(ブランド)にも、投資対効果の判断に大切な指標となってきます。

その効果はどのように計測でき、どの程度の数値なのか?さらに、可視化されるがゆえに見えてくるからこそ見えてくる、小売業界とブランドの新たなマーケティング課題やアクションはどのようなものか?このテーマでは現在進行しているプロジェクトと共に記事をご紹介していきます。