2007 年に日本語のサービスを開始した YouTube は、ビデオプラットフォームとしてすでに多くの人々の生活に根付いています1 。ここでは、YouTube に日本における状況を下記のユーザーリサーチやデータの分析から見ていきます。

  1. 定量調査: インターネット調査, 2016 年 11 月実施, N = 8,225 調査はニールセン デジタルに委託
  2. 定性調査: 1 対 1 インタビュー調査, 2016 年 12 月実施, N = 12 グーグルとイードの共同調査
  3. ニールセン デジタル モバイルネットビュー: 2017 年 2 月データ
  4. YouTube に関する Google データ
1 日経 BP コンサルティングによる 「ブランド・ジャパン 2017」 コンシューマー市場編において 2 位