検索トレンドから垣間見える日本人の新生活

季節の変化に応じた生活者の意識や関心の変化は、Google 検索やYouTube 内での検索動向にも明確に表れます。今回は、3 月の 「 卒業 ・ 卒園 」、4月の 「 新生活 」 の準備に向けた検索トレンドを見てきましょう。

日本の会社や学校は 3 月に終わり、4 月に始まりを迎えます。明治時代に定まり現在まで続くこの時期は、日本人にとって旅立ちのときであり、また新たな出会いの季節でもあります。それに伴いさまざまな準備も必要になります。今回は、そんな「 新生活 」 の時期に合わせた検索トレンドを一緒に見ていきましょう。

3 月の代表的な教育行事といえば、なんといっても「 卒業 ・ 卒園 」ですが、まず「 卒園 」の検索トレンドに焦点を絞って見てみましょう。卒園式の代表曲として、「 たいせつなともだち 」、「 ありがとう さようなら 」、「 よろこびの歌 」などがありますが、Google 検索、YouTube 検索ともにこれらの歌の検索ボリュームは 2-3 月に集中しています。「 たいせつなともだち 」の YouTube 検索のボリュームは、最も少ない 9 月とこの時期とを比較した場合、実に 7 倍以上( 2016 年 )もの差があります。卒園を迎える年長さん、そしてその年長さんを見送る園児たちが、お母さん、お父さんと一緒に動画を見ながら、歌の練習をしている姿が目に浮かぶようです。

代表的な卒園曲のYouTube検索数推移 1

●部分が各曲の該当年における検索量ピーク

4 月に向け、新生活の準備の季節もやってきます。3 月にピークとなる典型的なキーワードが「 引越 」、「 銀行口座開設 」、「 携帯電話契約 」などであり、これらが新生活に欠かせない傾向がうかがえますが、ほかにはどのような準備が必要なのでしょう?

たとえば「 学生 」から「 社会人 」に変わるときにきちんとしておきたいのが身だしなみ。女性にとっては「 メイク 」もそのひとつです。下記は「 社会人 」と「 メイク 」というキーワードを組み合わせた Google 検索ボリュームの推移です。やはり 3月、 4 月にピークがあることがわかります。YouTube 検索も同様のタイミングでピークを迎えますが、特筆すべきは、2015 年の同時期に較べ、2016 年では検索ボリュームの総量が顕著に増えていることです。この理由として、YouTube におけるメイク関連動画コンテンツの増加が影響していると考えられます。

Google 検索 「 社会人 メイク 」 1

●部分がキーワードの該当年における検索量ピーク

YouTube 検索「 社会人 メイク 」1

●部分がキーワードの該当年における検索量ピーク

それでは、男性の新社会人の身だしなみのトレンドはどのようなものなのでしょう?クールビズが浸透してきたとはいえ、いまだ新社会人の定番アイテムである「 ネクタイ 」の Google 検索ボリュームは、一番少ない月に比べ、最も多い 3 月では 3.7 倍にものぼります(2016 年)。興味深いのは、Google 検索において「 ネクタイ 」と「 結び方 」キーワードの組み合わせは、一番少ない月と比較してこの時期には約 6 倍にも跳ね上がっており、「 ネクタイ 」単体よりもさらに大きく伸びている点です。

この傾向は、YouTube にてネクタイ関連動画を探す行動とも関連しており、YouTube における「 ネクタイ 」単体の検索ボリュームは、年間を通じて3月および 4 月に最も大きくなります。生活者は、文字や画像だけではわかりづらいネクタイの結びかたを、動画情報に求めていることが見えてきます。「 プレーンノット 」や「 ウィンザーノット 」など人気の結びかたを解説している動画の中には、再生 100 万回を超えるものも複数存在します。

必ずしも、新生活に関連するキーワードが 3 月や 4 月に集中するわけではありません。たとえば、小学校に入学する子供にとっての必需品が「 ランドセル 」ですが、これに関する検索ボリュームのピークは例年入学前年の秋になります。年々この時期は早くなっており、最近では夏から関心がピークを迎える傾向があります。

「 ランドセル 」: 検索ボリュームの年別推移 1

●部分が各年における検索量ピーク

新たな生活がはじまり、暮らしが変化する 3 月、4 月には、いつもの日常とは少々異なった情報や知識が必要になってきます。「 ◯◯しておかなければ 」、「 ◯◯について調べたい 」といった具体的な意図が生じやすい時期です。そのようなタイミングで、知りたいテーマごとに文字情報と動画情報を柔軟に使い分けている人々の姿がうかがえます。これからやってくる始まりの時期に、新たな変化を迎える人にとっても、その人たちを迎え入れる側にとっても、充実した 1 か月となることを願います。

出典

  1. Google データ
think with Google 編集チーム

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト