Google 検索から見えてきた「日本のハロウィン」

10 月 31 日のハロウィンが近づくにつれ、かぼちゃやコウモリといった装飾が街で目につくようになってきました。本記事では、Google 検索の動向を通して、最近の日本のハロウィンのトレンドやアメリカとの比較など、「 日本のハロウィン 」像について分析します。

日本における「ハロウィン」人気の高まり

下のグラフは、日本の Google 検索で「ハロウィン」というキーワードの検索数がここ数年間でどの程度増えたかを示しています。Google 検索、そして YouTube 検索ともに順調に増加しており、ハロウィンへの注目度が年々高まっていることがよくわかります。

図:Google 検索におけるハロウィンの検索数の増加

図:YouTube 検索におけるハロウィンの検索数の増加

さらに日毎の検索動向について見てみましょう(下のグラフ参照)。Google 検索での「ハロウィン」検索ピークがハロウィン前日(2016 年 10 月 30 日(日))であるのに対し、YouTube 検索でのピークはハロウィン当日(2016 年 10 月 31 日(月))となっており、微妙にピークがずれています。

図:「ハロウィン」の Google と YouTube における検索ピーク日
(青=Google 検索、赤=YouTube 検索)1

それでは、「ハロウィン」とともに検索されている人気の「場所」のトレンドについて見ていきます。

下のグラフは、「ハロウィン 渋谷」というキーワードの検索数の動きを示したものです。ここ数年ニュースでも取り上げられているように、このところ渋谷は一気にハロウィンのメッカに成長しており、検索数も 2015 年から急激に増加しています。

図:Google 検索における「ハロウィン 渋谷」の検索量

これに対するかのように、「ハロウィン 六本木」というキーワードの検索数は 2016 年から急に減少していることが目につきます(下のグラフ参照)。かつては「ハロウィン」で大いに盛り上がった六本木ですが、その人気は渋谷に移ったようです。これら 2 つのグラフは、ハロウィンに関連する場所のトレンドの変化を物語っています。

図:Google 検索における「ハロウィン 六本木」の検索量

「ハロウィン」と一緒に検索される単語 - 日本とアメリカの検索トレンドを比較して -

ここからは、日本とアメリカのハロウィンの検索内容の違いについて見ていきましょう。下の表は、Google 検索で「ハロウィン」と一緒に検索されているキーワードの組み合わせ上位 15 のランキングです(日米:2016 年と2015 年の比較)。

アメリカの第 1 位は、2 年連続で「party city」。これはコスチューム専門店の名称です。なんといっても、「仮装」関連のキーワードが上位にランクインするのがアメリカの特徴です。

一方日本では、「仮装」関連の検索キーワードも上位にあるものの、アメリカでは見られない傾向として、「ディズニー」、「USJ」、「音楽祭」などイベントに関連する検索が目立ちます(表の青色の部分)。

なにかと仮装大会と揶揄されがちな日本のハロウィンですが、検索データからは、アメリカのハロウィンのほうが、より「ハロウィン=仮装」という発想に強く結びついていることが読み取れます。この点日本では、仮装に限らずテーマパーク、音楽祭のハロウィン イベントなど、さまざまな「お出かけ」や「イベント」の機会としてハロウィンを楽しんでいるようです。

なお 2016 年には、その年に大人気となったポケモンGO関連のキーワード「ポケモン go ハロウィン」がランクインしており、当時の盛り上がりを反映しています。

動画と「ハロウィン」の密接な関係性

最後に、YouTube で人気のハロウィン動画のトレンドをお伝えします。

ハロウィン関連で検索される動画は数多く、とくに「ハロウィン メイク」、「ハロウィン コスチューム」、「ハロウィン お菓子」などのキーワードのハウツー(How-to、何かのやりかたを調べる)動画は人々の生活に定着しつつあり、検索数も年々増えています(下のグラフ参照)。

図:YouTube における「ハロウィン メイク」の検索量


図:YouTube における「ハロウィン コスチューム」の検索量


図:YouTube における「ハロウィン お菓子」の検索量

動画は、手軽にわかりやすく興味のあるテーマについて学ぶことができる媒体です。メイクやお菓子、衣装などで個性を表現する機会が増えるハロウィンでは、YouTube のハウツー動画を参考に、手作りを楽しむ人が増えているのはないでしょうか。

ハロウィンに限らず、最近の傾向として、ハウツーを調べる際に YouTube を検索する人が増えています。エンターテインメントだけでなく、リサーチや学習のための情報源としても、動画は身近で信頼できるコンテンツになってきているようです。

まもなくやってくる 2017 年のハロウィン、あなたならどう楽しみますか? Google トレンドで今年注目の場所、イベント、そしてコスチュームなどをチェックして、気になった場所に出かけてみてはいかがでしょう。

マーケティングに携わる方は、自社商品に関連する検索トレンドを確認し、それに合う施策を行うなど、ビジネスにおける新たなチャンスの発掘のために Google トレンドをご活用ください。

出典

  1. Google 検索、YouTube 検索それぞれで検索量を相対化
think with Google 編集チーム

Think with Google 日本 ニュースレター

Google ​だけ​の最新データとインサイト