search

検索データから読み取るスキンケアに関する生活者インサイト

モバイルからの検索が増加している中、美容関連カテゴリは、検索総数におけるモバイル比率が高いカテゴリのトップ 3 に入ります。そして、美容にまつわる検索の中でも、関心の高い分野の 1 つがスキンケアに関する検索行動の傾向を見ていきましょう。

下記のグラフが示すとおり、2013年以降スキンケア関連の検索は増えており、生活者がオンラインに情報を求めていることがわかります。

スキンケア関連キーワード検索推移
Source:Googleトレンド

肌悩みに関する情報を探す生活者

現在、スキンケアに関する検索語句の中でも検索数を伸ばしているのが、肌悩みを表すものです。例えば、「ニキビケア」「日焼け」「肌の保湿」「ほうれい線を消す」などの検索が該当し、肌悩みに関する語句はスキンケアに関する検索全体の約30%をしめています。

その中でも特に、ニキビに関する語句は、ここ数年で右肩上がりに増加しています。

肌のお悩み別クエリ推移
Source:Googleトレンド

直近では肌の「お悩み検索」の40%を占めるほど拡大しており、ニキビは現代女性の最も多くが抱える肌悩みの1つと言えそうです。

ニキビに関してさらに細かく見てみると「背中ニキビ」「顎にきび」など特定の部位に関するものと「ニキビ跡」に関する検索が最も増えていることがわかりました。「白ニキビ」「黒ニキビ」のように、ニキビの色別に特徴分けした検索行動も見られます。また、直近では、新しい検索傾向として、ココナッツオイルによる効能、大人のニキビ、男性のニキビケア、周期ニキビといった語句の検索が目立つようになり始めています。

また、前述のグラフから、肌悩みには季節性があることがわかります。

例えば夏の時期には、美白、毛穴についての検索が増え、秋・冬には乾燥肌についての検索が増加します。しかしながら、先述したニキビについては季節に左右されることなく年々関心が高まりつづけており、季節に関係なく1年中抱えられている悩みであるということがわかります。

基礎化粧品の各アイテムへの関心度合いが高まる時期

では、肌悩みを解決するための基礎的なスキンケア要因として用いられる基礎化粧品1に関しては、どのような検索トレンドがあるのでしょうか。肌悩みの解決策として一年を通じて使われるはしますが、検索トレンドに季節性による増減が確認できます。

基礎化粧品別クエリ推移
Source:Googleトレンド

まず、最もはっきり季節の影響をうけるのが日焼け止めで、毎年2月頃から検索が始まり、7-8月にピークを迎えます。同じく洗顔も比較的夏に関心が高まる傾向にあります。秋冬に検索が増えるのは、化粧水と乳液です。乾燥肌の悩みが秋冬に増えるのと連動し、潤いを与える化粧水と水分の蒸発を抑える乳液への関心が集まることが要因の一つと考えられます。特に、化粧水は9月より上昇を開始します。11月から最も検索数の高まるピークシーズンを迎え、年末年始のアップダウンを経て春先まで続く傾向が見られます。

ここで紹介したトレンドから、スキンケアに関する情報をオンライン上へ求める生活者が近年増えていることが分かります。また、検索数上昇の背景にある、肌のお悩みの変化や季節的な特徴など、検索行動の傾向が確認できます。データをベースに生活者の関心事項を把握し、今後のマーケティングに活かす基礎データとしてみてください。

※この記事の内容は、2013年から2015年7月までのGoogle検索データを元にしています。この記事は、2015年9月24日にInsideAdWords-Japan公開されたものです。

出典

  1. 基礎化粧品とは、健康な素肌を保つことを主な用途として使われる化粧品を意味し、洗顔料や化粧水などを指します。